本文へスキップ

ゴボウ茶について  
栽培方法 効能について

ごぼうには○○のこうのうがあり、古来より民間の健康薬として伝承されてきた
 日本で自生はしていないが、縄文時代の遺跡からは植物遺存体として確認されており、縄文時代か平安時代に日本に伝わったともいわれる[2]。主に食すようになったのは江戸時代から明治にかけてであり、根や葉を食用とする。茎の高さは1mほど、主根の長さは品種にもよるが50cm?1mほどある。花期は6?7月。紫色のアザミに似た総苞にトゲのある花を咲かせる

ごぼう畑

大別すると長根種と短根種がある。栽培の主流となっているのは長根種の「滝野川ごぼう」とその改良種であり、収穫時には直径3センチ、長さは1メートル前後となる。一般に関東は長根種が多く、関西では短根種が多い。ゴボウは連作を嫌うため、同じ畑では2-3年後でないと作れない
 ゴボウ茶のお召し上がり方
ティースプーン軽く一杯に対し熱湯100mlを注ぎ、お召し上がりください。
お好みで分量をかえられても美味しくいただけます。
ごぼうの風味が広がり香ばしい柔らかい味をお楽しみください。
ゴボウ茶を販売している場所  
(1) 阿蘇マルシェ
(2)
(3)
(4)
(5)

ページトップへ



サイト名

お問い合せはこちら